サービス内容

サービスの仕組み

引取供養の宅待便では、自社スタッフが対象物のお引き取りにあがります。
梱包も不要で、お客様は立ち合いだけして頂ければ問題ございません。

  • Step1

    引取り日時予約

  • Step2

    自社スタッフによる
    引取りにお伺い

  • Step3

    お坊さんによる供養
    条例に基づいた適切な処分

  • Step4

    供養証明書発行
    供養動画送付

お仏壇・仏具のご供養・処分の業者選びに失敗しないために
お仏壇・仏具のご供養・処分業者の選び方はかなり重要になりますので、
ご確認頂ければと思います。
  • 失敗しないポイント1:魂抜き(閉眼供養)をきちんとしてもらえるか?

    仏壇の処分を行う場合は、この後にご紹介をする魂抜き(閉眼供養)を行う必要があります。
    閉眼供養とは仏教で行われる宗教的儀式のことで、仏壇等に宿った故人の魂を抜き、仏様の目を閉ざす供養のことを指します。

    仏様の目が閉じられた仏壇は、仏様が宿っていない仏壇となって、神聖性のないただのモノになり、この段階ではじめて仏壇の供養をすることができます。

    なぜそのようなことをするのかと言うと、そもそもご家庭にある仏壇には、最初に購入をした際に「開眼供養(かいげんくよう)」という儀式を執り行います。
    開眼供養とは、仏壇を新しく購入した際に執り行われる慶事の法要のことで、これを執り行うと仏壇の本尊の目を開かせる、つまり仏様を仏壇に宿らせることができます。
    この開眼供養を行うことで、拝む対象としての仏壇が完成いたします。

    閉眼供養を行う理由は、究極的なことを言えば気持ちの問題です。
    一般的には、開眼供養を行った仏壇や位牌などを閉眼供養をせずに勝手に処分したりすることは仏様やご先祖様に対して大変失礼になってしまうのでタブーとされています。
    タブーに触れないために、ご先祖様や神様を大切にするためにも先程ご紹介した「魂抜き(閉眼供養)」を執り行う必要があります。

    仏壇の扱いは、各市町村での確認が必要ですが、基本的には仏壇は「粗大ごみ」として取り扱われます。
    しかし、ご先祖様やおじいちゃん・おばあちゃん、ご両親が手を合わせてきた仏壇を「粗大ごみ」として取り扱うことに対して、多くの人が心理的な抵抗感を覚えております。
    ですので、ご先祖様や仏様を大切にするという意味合いで、この儀式を行うことは大切です。

  • 失敗しないポイント2:供養証明書などでご供養内容が把握できるか?

    業者選びで失敗しないための2つ目のポイントは、供養を依頼する際、しっかりと供養証明書などで、その業者が執り行ったご供養内容が確認できるかどうか、チェックをしましょう。

    なぜチェックをするのかといえば、業者の中には先程ご紹介した「魂抜き(閉眼供養)」を執り行わず、何もせずに仏壇を破棄してしまうところがあるからです。
    せっかく信頼して依頼した業者がそのようなことを行っていたら、お金が取られるだけでなく、ご先祖様に対しても申し訳ない気持ちになってしまいますし、もっとしっかりと調べてから依頼すればよかった、などのようなとても嫌な気持ちになってしまいますよね。
    後悔をしないためにも、事前にしっかりと何をどう行ったのかを確認できる証明書などのようなものを発行してもらえるかどうか確認をするようにしましょう。

    また、「供養証明書」だけの発行で終わらせてしまうような業者も避けたほうがいいです。
    それはなぜかというと、供養証明書だけの発行なら、実際に供養などを行ったかどうかがわからないためです。
    証明書を発行すれば、実際に供養を行っていなくても、行ったと見せかけることができてしまいます。

    ではどうすれば確実に供養してもらえたのが分かるのか、どういうことをしてくれる業者なら大丈夫なのかというと、それは「動画を撮ってくれる業者」です。
    動画での証明があれば映像の編集などでもごまかしが効きません。

    動画と似たものに写真もありますが、それはおすすめできません。
    写真だけでも大丈夫かもしれないと思ってしまいますが、「本当にお寺で供養したのかな」「写真だけ撮って、何もせずに大切な仏壇を破棄してしまったのではないかな」というような不安がどうしても残ってしまう可能性があります。
    しかし動画であれば、供養の最初から最後まで、すべて確認をすることができますので、そのような不安が残ることはありません。
    ですので、動画で証明をしてくれる業者を選ぶようにしましょう。

  • 失敗しないポイント3:仏壇回収時の梱包~搬出方法の確認ができるか?

    業者選びで失敗しないための3つ目のポイントは、実際に仏壇の回収を行うときの梱包から搬出までの流れ、やり方を確認しましょう。
    特に梱包についてはどのようにやってくれるのかを確認するようにしましょう。
    その理由としては、処分するとはいえ大切に扱ってきた仏壇を梱包せずに雑に取り扱われてしまったら、せっかく依頼をしたのに嫌な気持ちになってしまいますよね。
    そのような思いをしないためにも、事前にどのような方法で梱包し、また搬出をしてくれるのか、を確認するようにしましょう。

    また、依頼した会社自身で梱包から搬出・運搬をやってくれるのかも確認をしておきましょう。
    業者の中には、引っ越し業者に依頼をして仏壇の運搬をするようなところもあります。
    引越し業者は、現場での実働をアルバイトの方が行っているなど、仏壇の取り扱いに慣れていない人が対応する可能性が高いです。
    ですので、大切な仏壇が雑に扱われてしまう危険もあります。
    仏壇に込められた様々な思いをしっかりと理解した専門業者の人に運んでもらうようにすれば、不要なトラブルなどは起きにくいです。

引取供養の宅待便をご利用する際の流れ

  • Step11

    お仏壇・仏具(神棚、位牌、遺影など)のサイズをお測り下さい。
    対象物のサイズ(奥行、高さ、幅)により料金が変動しますので、事前に正確なサイズをお客様自身でお測りください。
  • Step2

    メール、お電話にてご相談・見積依頼をしてください。
    メール、お電話、ともに24時間365日受け付けております。
    お急ぎの場合はお電話ください。
  • Step3

    お見積り提示・スケジュール提示
    ご依頼内容や引取り場所など必要な情報をお伺いした上でお見積りをご提示いたします。また同時に引取りスケジュールもお伝えさせて頂きます。
  • Step4

    代金のお支払い
    お見積り内容にご納得頂きましたら、「銀行振込」にてお支払いお願い致します。
  • Step5

    対象物のお引き取りにあがります。【全国対応】
    自社スタッフが対象物のお引き取りにあがります。
    梱包など不要ですので、当日は立ち合いだけ宜しくお願い致します。
  • Step6

    当社供養所へ運び、供養日にお坊さんにお経をいただきます。
    対象物は当社供養所に運び、大切・厳重に保管いたします。
    当社指定の供養日にお坊さんにお経をいただき、ご供養いたします。
    お坊さんからのご挨拶
    引取供養の宅待便のホームページをご参照頂きありがとうございます。
    お客様の大切なお仏壇や仏具一つ一つに想いを込めてしっかりとご供養させて頂きますので、安心してご依頼頂ければと思います。
    お坊さんからのご挨拶の動画
    実際にご供養している様子の動画
  • Step7

    ご供養済みのお仏壇・仏具は専用焼却所にて謹んで処分いたします。
    お仏壇は丁寧に解体してから焼却処分いたします。
    位牌・遺影などはお焚き上げ後焼却処分いたします。
  • Step8

    ご供養証明書・供養動画をお送り致します。
    ご供養が完了次第、ご供養証明書・供養動画を発行し、ご指定の住所へご郵送いたします。

すべてのお仏壇・仏具に手を
合わさせて頂いています。
まずは、一度お気軽にご相談ください。

お客様相談窓口
06-6167-7919年中無休・24時間対応

よくある質問

お電話で見積りはして頂けますか?
はい。お電話でのお見積りも可能です。
依頼から引取りまでどれくらいの日数がかかりますか?
最短即日で対応しておりますが、お客様のご要望にできる限り合わせておりますので、 事前にご希望のお日にちをご相談ください。
対応していない地域はありますか?
基本的には全国対応となりますが、離島などの場合は事前にご相談ください。
宗派指定できますか?
はい。可能です。事前に宗派をお伝えください。
相談だけでも可能ですか?
はい。初めての場合が多いですので、まずは相談だけでもお気軽にしてみてください。
お支払い方法はどうなりますか?
基本的には銀行振込となりますが、今後クレジットカードなどにも対応する予定です。
供養動画や証明書はどれくらいの日数で届きますか?
時期にもよりますが、供養後迅速にご郵送手続きを行いますので、お待ち頂ければと思います。
仏壇以外にも不用品がたくさんありますが、一緒に持っていって頂けますか?
はい。可能です。不用品回収サービスもしておりますので、事前にご相談ください。
引取りに要する時間はどれくらいかかりますか?
サイズや点数により変動しますが、およそ10分~20分を想定しております。